粉末タイプのコラーゲンで健康的な食事を行なう

婦人

抗炎症作用に期待

レディ

あまり聞きなれない言葉のアスタキサンチンですが、意外にも優れた効果を持っているんです。アスタキサンチンを説明すると、カロテノイドの種類になります。ここで言うカロテノイドとは、自然界にある黄色や橙色、赤色の油溶性の天然色素成分となっています。アスタキサンチンとは、赤系の色素を持っている脂溶性と言えます。このアスタキサンチンですが、主にえびやかになどの甲殻類、イクラやサケ、皮が赤いタイなどの魚介類に含まれているとされています。ですが、あげた魚介類は自分たちの体内でアスタキサンチンを作ることは出来ません。それが行えるのは、植物と微生物だけとなっています。魚介類からアスタキサンチンを取るのは非常に困難で、サプリメントなどを製品化するための量を確保することは出来ません。ですので、製品化されているアスタキサンチンのほとんどはヘマトコッカス藻から作られています。
アスタキサンチンには代表的な効果として、抗炎症作用を持っています。最近の研究の結果で、活性酸素が炎症やアレルギー反応を活性させていることがわかり、活性酸素に効果があるアスタキサンチンに抗炎症作用が期待されています。身近にかかる病気として、ヘルペスや口内炎に対しては、アスタキサンチンを摂取することで良い影響があったとの報告もあります。アスタキサンチンを摂取するのは、一番サプリメントが効率が良いでしょう。手軽の摂取できるサプリメントを活用して、アスタキサンチンの効果を得てみましょう。